永代供養とは

「永代供養」は、新しいお墓の在り方としてここ数年で注目されている供養の方法です。永代供養とはどのようなものなのか、宗教や宗派に関係なく利用できるのか、特徴やお墓の種類、メリット・デメリットについてまとめてみました。

永代供養のイメージ写真

永代供養とは

永代供養とは、遺族に代わって寺院や霊園が一定期間に渡り遺骨を管理しながら故人の供養を行う埋葬方法のことです。継承者が必要ないため、子や孫など永代に渡ってお墓を維持していくことはありません。 宗旨や宗派を問わず利用することが可能で、後継ぎがいない人でも遺骨の有無に関係なく生前に申し込みができます。

ただし、永代供養には遺骨の安置期間が設けられています。契約期間が過ぎた遺骨は、他の方の遺骨と一緒に合祀されて供養されることを覚えておきましょう。

永代供養と永代使用の違い

永代供養と似ている言葉で、永代使用というものがあります。 この2つは全く異なるものなので、混同しないようにそれぞれの意味をしっかりと理解しておくようにしましょう。

永代供養

契約した安置期間中に寺院や霊園が遺骨の供養や管理を行うこと。

永代使用

使用料を支払いお墓の土地(区画)を永代に渡って利用する権利のこと。

共に契約を結ぶ際に全額を支払うことが多く、契約期間を延長する場合以外は納骨後に追加費用がかかることはありません。

永代供養墓の種類

供養の方法も多様化してきており、永代供養墓にも遺骨の安置場所や埋葬方法によってさまざまなタイプがあります。 ここでは、永代供養墓の種類を屋内型・屋外型・安置方法で分類。タイプ別に詳しく紹介していきます。

屋内型

屋内型と呼ばれるものは、建物の中に遺骨を安置する施設になります。納骨堂や納骨殿と呼ばれており、遺骨の収容人数によって1人用や夫婦用などが用意されています。 施設によっては遺骨だけでなく、写真や思い出の品を預けられたり、お花や線香を手向けられるところもあります。 代表的な納骨堂の種類は下記の3つです。

ロッカー式

コインロッカーのような扉付きのスペースの中に遺骨を安置する形式。参拝時に納骨壇を開くタイプと、納骨壇の前に参拝用のご本尊が用意されているタイプがあります。

  • 費用相場:10~50万円ほど
  • 仏壇式

    霊廟(れいびょう)型とも言われ、屋内に1区画ごとに仏壇が並べられた形式。仏壇の前でお参りができて、花や線香があげられます。施設によっては、お供え物や収納スペースが設置されています。

  • 費用相場:30~100万円ほど
  • 自動搬送式

    建物全体が納骨堂になっている都心部に多い形式。マンション型とも言われています。コンピューター制御によって管理されており、セキュリティ面も安心。納骨堂の中で人気のタイプとなっています。

  • 費用相場:50~100万円ほど
  • 屋外型

    屋外型の場合は、従来のお墓と同じようなスタイルでお参りをすることができます。ただし、屋内型のように個別で納骨できるタイプは少ないです。 主な屋外型の永代供養墓の種類は下記の3つです。

    合祀タイプ

    古墳のような形状の前方後円型の墳陵の下に遺骨を埋葬します。個人単位で埋葬するのが一般的です。合祀墓や合葬墓、共同墓地などと呼ばれています。

  • 費用相場:5~30万円ほど
  • 納骨塔タイプ

    石材で作られた大型のモニュメントや塔の下に遺骨を安置します。石像は観音像などの仏像や多宝塔といった仏教的なシンボルがモチーフとなっていたり、宗教色を持たないものもあります。遺骨は単独ではなく、まとめて合祀されることが多いです。

  • 費用相場:10~50万円ほど
  • 納骨壇タイプ

    石材でできた大きな棚のような納骨壇に遺骨を安置します。集合型ですが、遺骨は個別に安置できるところがポイント。屋外型で主流のタイプとなっており、施設によっては後から分骨することも可能です。

  • 費用相場:30~100万円ほど
  • ※こちらで別途永代供養墓の費用について解説しているので参考にしてください。

    安置法

    永代供養墓は遺骨の安置方法によっても、いくつか種類があります。

    合祀型

    故人の遺骨を血縁関係のない他の人の遺骨と合わせて埋葬します。骨壺から出して一括管理するため、永代供養墓の中ではリーズナブルな安置方法となっています。ただし、個別に遺骨を管理するわけではないので、後から遺骨を取り出すことはできません。

    集合安置型

    1人ひとりの骨壺を集め、共有の空間で一定期間まとめて管理する方法です。個別の骨壺ごとに安置するので、後々分骨や改葬に応じてもらえる場合もあります。

    個別安置型

    故人1人だけの遺骨を安置するものになります。既定の期間内は、従来の墓石型のお墓と同じような感覚でお参りをして供養することができます。契約期間が終了すると、合同安置に移動されます。

    永代供養のメリット

    永代供養にする大きなメリットは、後の世代にお墓の管理や金銭的な負担を残さないという点です。他にも色々な恩恵が得られます。

    • 墓地の購入費用などが不要なのでお墓より費用が抑えられる
    • お墓を引き継ぐ必要がないので後継者がいなくても利用できる
    • お墓の管理や費用など家族の負担を軽減できる
    • 供養や管理を寺院や霊園に任せられる
    • 宗旨宗派に関係なく利用できる施設が多い
    • アクセスしやすい環境にあるので移動の負担がない

    永代供養のデメリット

    永代供養で懸念される点としては、契約期間が満了になると他の遺骨と合祀されるというところです。それ以外にもいくつかデメリットがあります。

    • 古くからの風習や供養を重んじる家族や親族からは理解が得にくい
    • 一定期間が経つと他人の遺骨と合祀されてしまう
    • 合祀されてしまうと後から分骨や改葬ができなくなる
    • 安置方法によっては故人に向けた合掌やお線香を立てるのが困難
    • 供養する期間が決まっているのでお墓を継承することはできない

    永代供養が自分に合っているか迷われたら

    永代供養墓にはそれぞメリット、デメリットが存在し、中には従来のお墓の形式のほうが自分には合っている、と思われる方もいらっしゃるでしょう。永代供養が合っていそうだな、さらに具体的にもっと深く調べたい、考えたい、という場合はてびきびとが永代供養方法についてサポートいたしますのでいつでもご相談くださいませ。

    ※失敗しないように永代供養のトラブル事例について解説しているので参考にしてください。